寸劇的日常

【観劇レポート】劇団神馬「だいじょうぶな毒」

劇団神馬「だいじょうぶな毒」を観てきた。

ええと、もっと話題にあがってもいいかと思うのだけれど
”だいじょうぶな毒”で日記検索をしてみたら関係者さんの公演案内しかないし
”劇団神馬”で日記検索してみても、同じく関係者さんしか出て来ないし
”神馬”で検索したら競馬のことしか出て来なかったので
これはなんたることやと思ってとりあえず描く。


ちなみに僕が観たのは大楽。
だからもう演ってません。
残念でした。

劇団神馬は関谷誠氏の所属劇団です。
ちなみに今日のゲストはタケイシイケダの相方、武石隆義でした。

しかし、うちの相方は本当に天才だなと思った。
身内びいきかもしれないけれど
あんな芝居は出来ない。
やつ以外に絶対出来ない。


知ってる人がたくさん関わってた。
照明さんも音響さんも顔なじみだったし
(二人とも顔色が悪かったので身体を大事にして欲しいなと思った)
Project Isに1回出演してくれた有働由貴さんも出演してた。
この子はとっても可愛い。


で、ものすごく面白かったです。
久しぶりにすごく満足出来る芝居でした。


緻密な構成と、大胆な裏切り。
この大胆な裏切りが凄い。
神馬は2回目だけれど、大胆に裏切ってくるよなぁ。
僕も物書きだけれど予想の斜め上に進む。

芝居の途中で口がぽかんと開いたくらい。

ここから広げて収拾つけれるの?って思うくらい。
もしかしたら、脚本とか別売りするかもしれないからネタバレはしないけれど
まさか、あの展開で彼が消えるとは思わなかった。
多分、お客様の中に一人ですら展開を想像出来た人はいないと思う。
それでも最後は綺麗に纏める。
圧巻の構成力。力業だな。

役者さんもその物語をしっかり作っていました。
そうそう関谷誠氏がものすごく良い役でした。


まぁ、何が凄いって、やっぱり座付き作家の上野さんの執筆力が凄いね。
とても面白くて、悔しかったもの。
で、今から僕も必死で描きます。
芝居を観にいって芝居を描きたくなるっていうのは
僕にとっては最大級の賛辞です。


さ、LOVE描くぞ。
その前に1月の依頼コントも数本仕上げるぞ。
[PR]
by clown-is | 2009-12-13 16:32
<< 言葉になることで腑に落ちてゆく 構造分析中 >>



Clown Crown代表の池田練悟(レゴ)のブログ
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
メモ帳
mixiのマイミク申請はこちら
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=814603

twitterのフォローはこちら
https://twitter.com/
ikedarego

Facebookの友達申請はこちら
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003112158895
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧