寸劇的日常

移転のお知らせ

寸劇的日常はアメブロに移転しました。
物語を楽しみにして下さった方々、今後はアメブロにて
どうぞよろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/ikedarego
[PR]
# by clown-is | 2012-01-18 23:53 | 企画

No.16 【一ヶ月】

No.16
【タイトル】
一ヶ月

【キャッチコピー】
残り時間が微妙に長すぎる

【ストーリー】
世界は一ヶ月後に終わる。
全世界の全ての人間が同じタイミングで世界の終わりを自覚します。
4月6日11時19分25秒。
JR山の手線の電車の中に乗っていた、フレックス制の会社に通うサラリーマンの彼は隣の女子高生に腹を立てています。
携帯電話で話す声がうるさいからです。
その時、彼は思います。
「世界は一ヶ月後に終わる」と。
愚にもつかない妄想だとその考えを吹き飛ばそうとした時、女子高生が大声で電話の向こう側に向かってこう話します。
「今、私変なこと考えちゃった!世界って一ヶ月後に終わるんじゃね?」
その瞬間、彼女の大声に迷惑をしていた周りの人たちは彼を含めて皆、彼女のほうを見ます。自分の浮かんだ妄想と同じだったからです。
女子高生を囲む彼らは、その異質な空気に驚くものの、最終的には「ああ、世界は一ヶ月後にどうやら本当に終わるらしい」ということに納得します。
彼は電車を降ります。
会社のある駅でもないのに。

【補足】
人類全員は4月6日、たった一日の間に一ヶ月後の世界の終わりを確信します。
サラリーマンの彼がどこに向かうのか。
一ヶ月後の確実な終わりを知った彼はどこに向かうのか。
どんな方向にでも進める物語の雛形です。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-17 23:47 | 企画

No.15 【穴3】

No.15
【タイトル】
穴3

【キャッチコピー】
深淵は感染する

【ストーリー】
杉並区に住む女子高生のAの足の裏に小さな穴が空いていた。
1ミリくらいの小さな小さな穴。
棘でも刺さったのかなと彼女はそう思っていた。
11日後に彼女は消えてしまう。 
彼女を捜す家族も、次々と姿を消す。
彼女の高校の同級生も仲の良かった順から姿を消していく。
根暗な生物教師の彼は、穴の仕業ではないかと思い立つ。
休んでいる生徒の中でまだ話せる男子生徒の家に無理矢理押しかける。
案の定・・・生徒の足は消えていた。痛みもない。意識もはっきりしているのに消えていく足。男子生徒は完全に混乱している。彼は男子生徒の肩を揺すり、生徒を正気に戻そうとする。
次の日、彼の足の裏に1ミリの穴が生まれる。

【補足】
今度の穴は皮膚感染します。
1ミリの穴は、2ミリ、4ミリ、8ミリと大きくなっていきます。
だいたい12日で2048ミリとなり、人間一人は飲み込まれていきます。
思考活動は11日がリミットでしょう。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-16 23:00 | 企画

No.14 【穴2】

No.14
【タイトル】
穴2

【キャッチコピー】
深淵は増え続ける

【ストーリー】
杉並区のとある高等学校。
その通学路に突如、直径1センチの球体が空間に出現する。
根暗な生物教師である彼がそれに気付いたのは、自転車で思い切りそれに躓いたからだ。
空間に突如出現した穴。
真っ黒なビー玉が空中に浮かんでいる。
彼は嫌な予感がする。
また穴だ・・・
次の日、通学路の穴は同じ場所に同じ形であった。
全く大きくなっていなかった。
彼は胸をなで下ろしつつ、穴をなんとかする方法を考える。
しかし、今度の穴は別の形で拡がっていた。
彼の学校、唯一の安息の場、憩いの生物室。
骨格標本の手元に黒いビー玉のような穴が浮かんでいる。

【補足】
今度の穴は数が倍々で増えます。
1センチのビー玉的な穴が2個、4個、8個、16個・・・
このままでは彼の街は穴で占拠されてしまいます。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-15 23:10 | 企画

No.13 【穴】

No.13
【タイトル】


【キャッチコピー】
深淵は広がり続ける

【ストーリー】
杉並区のとある高等学校。
焼却炉の片隅の地面に小さな穴が空いていた。
ほぼ1センチの小さな小さな穴。
根暗な生物教師である彼がその穴に気付いたのは、焼却炉の近くで一円玉を落としたことが切っ掛けだった。
穴にすっぽりとはまった一円玉が取ろうと思えば取ろうと思うほど穴の中に押し込まれていったからだ。
彼はなんだかムキになってしまい。次の日、穴から一円玉を取り出す為のトリモチ的なものを持って焼却炉の隅に向かう。しかし、押し込まれたはずの一円玉はなかった。どうやら穴の奥に沈み込んでしまったようだ。
彼はバケツに水を汲んで、穴の中に水を注ぎ込む。
・・・どれだけ注ぎ込んでも穴は満たされることがなかった。
多分、地面に水が吸われてしまっているんだろうと彼は一円玉を諦める。
それから二日後。彼は500円玉を落とす。
同じ場所に空いた4センチくらいの穴の中に五百円玉はすっぽりと落ちてしまう。
「あれ?これ穴、大きくなってるよな・・・」

【補足】
穴は毎日倍々で大きくなっていきます。
1センチ、2センチ、4センチ、8センチ、16センチ・・・
最初の数日は同僚も笑い話で済ませますが、16センチあたりからだんだん冗談ではなくなっていきます。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-14 23:20 | 企画

No.12 【LIFE TIME BUYER】

No.12
【タイトル】
LIFE TIME BUYER

【キャッチコピー】
右手が死を与え、左手が生を与える。

【ストーリー】
命には限りがある。
お金持ちになればなるほど最後は不老不死を求めるものだ。
僕の仕事は寿命管理人。
人の寿命を買い取って、欲しい相手に売ってあげる。
買い取り価格は平均一日5000円。売値は一日50000円ってところ。
相手の頭の上にその人の残り寿命が見える。
僕は右手の握手で相手から寿命を吸い取って自分の中に寿命をストックする。
今度は欲しい相手に左手の握手で寿命を注ぎ込む。
地獄の沙汰も金次第。
世の中金が全てだって、僕はそう思っていた。
主な稼ぎ場所は病院だ。
寿命が欲しい相手がごろごろしている。
そんな僕が恋をする。
出会った場所は病院の大部屋。不治の病にかかった彼女。
彼女の寿命はどんどん減ってゆく。
僕は彼女にどんどん寿命を注ぎ込む。
でも足りない、圧倒的に寿命が足りない。
僕は自分の寿命に手をつけることを決意する。

【補足】
寿命管理人にはいくつかのルールがあります。
1、自分の寿命はわかりません。
2、握手で受け取った寿命を管理人がストックし続けられるのは三日が限度です。
3、寿命をマイナスにすることは禁じられています。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-13 23:20 | 企画

No.11 【極道マジック】

No.11
【タイトル】
極道マジック

【ストーリー】
子供の頃から手品が大好きだった。
寝ても覚めても手品手品手品・・・気付くと僕は三十路を迎えていた。
今は手品で生計を立てているのかって?
残念、人生はそんなに甘くない。
どんな世界でも運がなければ上にはあがれないものなのだ。
現在の僕は手品が趣味のコンビニ店員。
夢も希望もない平凡以下の人生だけれど、大好きな手品が僕の支えだ。
ある夜、バイトの後輩が(人数合わせで)誘ってくれたコンパで手品を披露する。
ある女の子が僕の手品にいたく感動してくれる。
手品なんて初めてみたようで、まるで超能力でもみるかのように僕を褒め称える。
なんだかんだでなし崩し的に僕は彼女と仲良くなり、彼女の家に呼ばれたのだけれど・・・
彼女の家のものものしい雰囲気は、どう考えても堅気の家じゃない!
どうやら彼女、筋の入った方々の箱入り娘だったようだ。
世間知らずなのもうなずける。
震える足をどうにか落ち着けて家の座敷で待っていると、彼女が父親と一緒に入ってくる。うわぁ・・・みるからに親分さんですね(笑)
彼女は僕を紹介する。
「お父さん、この人が前から話していた超能力者の人!」
は?なんですって?超能力者?
「そうか、君が娘の言っていた超能力者か!」
親分さん?超能力者って・・・冗談ですよね。
「実は君に、娘の友達の君に折り入ってお願いがあるのだが・・・」
親分さんに頼まれちゃ断れるわけもないのだけれど、その内容が突飛すぎる。
どうやら抗争相手に超能力者がいて、組の若い衆がやられてしまって困っているそうだ。だから同じ超能力者である僕に、抗争相手側の超能力者を倒してもらいたいと。
いや・・・だから僕のはただの手品で・・・
僕は否応なしに超能力戦争に巻き込まれていく。
ただの手品師なのに。

【補足】
抗争相手の超能力者も決して本物ではありません。はったりの手品師です。
同じ手品の土俵で、彼は抗争相手に勝てるのか。
そして、超能力者にされてしまった彼の手品は超能力としてバレずにすむのか。
手も足も軽く震えてしまうのに。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-12 23:30 | 企画

No.10 【14883人の俺】

No.10
【タイトル】
14883人の俺

【ストーリー】
俺の中には14883人の俺がいる。
いわゆる解離性人格障害、多重人格というやつだけれど、それにしてもこの数は多すぎる。しかも現在進行形で増え続けている。
ここまで大量の人格を一人の人間が保有出来るというのは、今までの多重人格では過去に類をみないらしい。俺も聞いたことがない。というかどの俺も聞いたことがない。
現在、俺のうち3412人は女。6215人は男。おかまとかおなべとか。国籍も色々。
人間以外にも宇宙人から犬、猫、狐。蛾とかカマキリとか・・・あげくの果ては鍋とかフライパンとか・・・俺の中の人格だけで小さな宇宙が出来そうだ。
まぁ、当然のことながら医者は匙を投げる。
人格を統合しようにも14883人?の俺と全員コンタクトをとるだけでもものすごい時間がかかるしね。
というわけで俺は一人で俺の人格を統合する為の俺たち会議を始める。
だが全員俺だ。
誰が議長をするのかだけでも大もめだ。
だってそれぞれが自分がオリジナルの人格だと主張するんだから。
こうなったら・・・もう実力行使しかない。
どの俺も俺を取り戻す為に、問答無用のバトルロワイヤルが始まる。

【補足】
人数が一人でも出来ます。
人数がたくさんでも出来ます。
【俺】が【俺】と戦いを続けて行く。ある意味、本当の自分探しにはコメディからサスペンス、ホラーにミステリーとどんな要素も入れ放題です。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-11 23:30 | 企画

No.9 【透明ニート】

No.9
【タイトル】
透明ニート

【ストーリー】
ある朝、引きこもりでニートの彼が起きてみると自分が死んだことになっていました。
存在がなくなったわけではなく、不慮の事故で死んだことになっていたのです。
もちろん彼は生きています。
だから家族に対して、文句もいいますし、実力行使に出ることも否みません。
ですが、彼が何を言っても、家族には声一つ届かないようです。
そして、彼が食器を壊そうが、壁を殴ろうが、全部、心霊現象のような扱いをされてしまいます。挙げ句の果てには霊媒師まで呼ばれてみたり。
家族にとって彼は完全に透明人間扱いになってしまったのです。
彼は数年ぶりに家を出ます。
しかし、街の人たちも相変わらず彼を存在しないものとして扱います。
彼は、引きこもる原因になった学校に行ってみることにします。
いじめっ子たちの待つ学校に行って、自分が誰にも認知されないのをいいことに復讐をしようと思ったのです。
もちろん学校でも彼は透明人間扱いです。
ですが、いじめっ子だけには、彼は見えてしまうのです。

【補足】
誰からも存在を認知されなくなった彼が、唯一自分の存在を認めてくれるいじめっ子とどういう関係を築いていくのでしょうか。
彼の成長を描くビルディングスロマンは、人間関係というものを見つめ直す物語になると思います。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-10 23:50 | 企画

No.8 【Last Crime Story】

No.8
【タイトル】
Last Crime Story

【ストーリー】
元クラッカーの友達は、今はプログラマー。
元強盗の友達は、今はとび職。
元泥棒の友達は、今はガードマン。
そして僕は元詐欺師。今は保険のセールスマンをしている。
刑務所で服役中に友達になって刑期が終わって真っ当に生きている。
僕の住んでるマンションの5階で、久しぶりに集まって徹夜で麻雀大会。
午前11時。BGM代わりにつけていたテレビが報道特番に変わる。
徹夜明けの頭で覗き込んだテレビに映っているのは、どうみても僕のマンション。
え?隣の部屋で母親が子供を人質にして立てこもってるの?
対面の元クラッカーが平和でツモ上がり。
どうする?このまま麻雀続ける?

【補足】
彼らはそれぞれに悲しい過去を抱えています。
それぞれの特殊技能を生かして、隣のネグレクトの母親から子供を助けようとします。
ネグレクトの母親、子供の状況がマスコミによって明かされていけばいくほど、彼らの犯罪に手を染めた過去も明らかになっていきます。
[PR]
# by clown-is | 2012-01-09 23:50 | 企画



Clown Crown代表の池田練悟(レゴ)のブログ
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
メモ帳
mixiのマイミク申請はこちら
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=814603

twitterのフォローはこちら
https://twitter.com/
ikedarego

Facebookの友達申請はこちら
http://www.facebook.com/profile.php?id=100003112158895
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧